夢のなかの・・・

夢を見ました。

おもしろい夢でしたので忘れたくなくこちらに載せておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

場面は二階建てのおおきなカフェ。
1Fは ウェイティングバーのようなつくりになっていて
とても豪華なカウンターがあります。

いちおうそこがわたしの居場所らしいのです。

それを横目に観ながら
なぜこんなカフェ?

そこにお客様が次々と訪れます。

外人の親子連れ4名様! 二階テーブル席へとご案内します。
若い男女のお客様 二階ソファー席へとご案内します。
なぜかわたしはご案内係。

店内はほのかな灯り 落ち着いたシックな建物と調度品。
音楽もセンスよく  大人っぽい演出です。

おトイレはこんなに大きなカフェなのにひとつしかなくて不満。

忙しく動き回るウェイターたち。
それらをまとめるウェイターの元締め?はちょび髭おじさん。
  (まるでイタリア人風)
「こちらはわたしが取りまとめておりますのでご安心を」
なんていわれちゃって。

接客はどうなってんの?
どんな人たちが働いてるの?

わたしのカフェ? わたしは何をしたらいいの?
なんでこんなカフェになっちゃったの???

そうです。 わたしはカフェのオーナーさんだったのでした。

わたしのスコーンはどこ?
スコーンなんて提供する雰囲気でもないし・・・・。

コーヒーはおいしいの?
お料理はどんな感じ?
わたしの知らないところですべてがまわっているのです。


なんだかとてもさみしくなりました。

そしてお客様がお帰りになります。

「音楽の選曲がよくてとてもリラックスできたわ」
「ゆったりしていてとても落ち着いたわ」
「お茶がおいしかった」
などなど 英語も交えて挨拶を交わすのでした。

それがとてもうれしくてうれしくて
もうスコーンのことなどどうでもよく
ただただお客様に喜んでいただけることに喜びを感じていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と 珍しく現実離れしたおもしろい夢が見れて
最高な週末の朝を迎えました。

こんな朝は コーヒーをたっぷりいれて
思い出に浸るのでした。。。

あ~おもしろかった!!
[PR]

by benichaya | 2011-02-19 09:27 | つぶやき