3月11日

3月10日
夕方の犬の散歩時に 大きな地震雲を見ていたんだ。

根元までは確認できなく(雲で覆われていたため)
でも東南方向から放射線状の太いのが流れていた。

「あ・・・地震くるんだ」 といつもの感じで思っていた。

3月11日 
保育園のお昼寝時間。
めまいかと思うような揺れから始まり 大きな横揺れが長く続き。
子どもたちのそばに駆け寄る職員。

まさかあの地震があんなにもひどい被害を起こすとは思いもせずに。

3月12日
朝方の大きな揺れに飛び起きて 娘の部屋に駆け込むと
あわてて飛び出してきた娘。
その足で息子のところへ行ったけど・・・寝ていた(汗)

皆で一階に集まりいつ避難となってもいいように着替えて待つ。
その間に おにぎりでも・・・とレンジでご飯を温めていたら
「気が早~い!」 といわれる。

ガタガタガタ・・・音がするのは地震でなく洗濯機。
夫にあきれられる・・・。 でもいつ避難してもいいように洗濯は干しておきたかった。

女ってそんなものです。

朝になり 息子の部活・娘の部活の練習中止電話。
会社からも安否確認。
・・・・・こないのは保育園。
今日は行事が行われる日。

まさか 決行??? 信じられないデキゴトでした。

短縮にはなったものの(あたりまえだ~)
こんなときに行事を行うなんて。
何もなかったけれど 今になっても気持ちは治まらない。

笑顔の子どもたちには会えたけれど
きっと皆さん心配なんだろうな・・・と複雑な気持ち。

たくさんのご心配メールをいただいてましたので
こちらに載せました。

こんなときは なにもせず 家族が一緒。
それができるだけでも ほんとうに ありがたい。
いつどうなるかわからないのだから。
[PR]

by benichaya | 2011-03-12 13:32 | 日々