梟の夢


近頃 ちょっと変わった夢を見ます。

とても話せないような 恐ろしいめちゃリアルな夢から
ヘンテコリンナ夢まで・・・・・・・

・・・・・・・・鳥嫌いの わたしは なぜかよく鳥の夢を見てしまいます。


そう 梟の夢は 今でも感触が残っているほどです。


前後はまったく覚えていません。

ただ 頭の上に
梟が停まった ・・・・・のです。





梟のしっかりとした太い足が 爪を立て
バサバサと羽ばたいてきたかと思いきや
頭の上に ずっしりと乗って 動かないのです。

もちろん 叫び声にもならない うめき声をあげてました!
「ぐえー!!」たぶん 「助けてー!!」ですね。


この話を 最近になって夫に話したら
昔の古いお家のときは
梟が舞い込んできたそうで、もしかしたら
その梟が 家の神様になって わたしのことつかんで離さなかったのかな~・・・
そんな風に話していました。

これを 実家の母に話したら
「あら! 梟は縁起がいいじゃない!
 福を呼ぶっていうじゃない!!」

そう あっけらカーンといいました。

フムフム・・・確かに頷けた!

そうだ!
わたしはこの家に福を呼ぶために来たんだ!!

・・・・・・と よいほうに考えていたのにな~・・・・・・・・・・・
うまくいかないものですな~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by benichaya | 2007-07-24 10:34 | 日々