ヒロさんとわたし


ヒロさんとは 裏に独りで住んでいる おばあちゃん。

ヒロさんとは 昨年からの仲。

仲といっても 時折顔をだし 元気にしているか 声を聴く仲。

ちいさくて 顔もちっちゃくて 頭にはニットの帽子をかぶって
からだは 半分にちぢこまり 
笑うと 前歯がもうなくて 犬歯がにっこり顔をだす  
そんな おばあちゃん。

この冬も どうしているかと顔をだすと
小さな体で コタツに丸まって 風邪を引かないようにと 頑張っている姿。

画面の見えないテレビをつけて いろんなことを伝えるテレビに
「どうして悪いことをしたのに それを伝えるだけなんだろうねぇ。 やっちゃいけないよ。。。と
 言えないんかねぇ~。」
 と わたしに訴える。    ホントだね。  悪いことしたら まねしちゃいけないよ・・・といえばいいのにね。

そんな会話をさせてもらってる仲。


春が来るのを 一緒に待とうね・・・・・・・・と約束して  もうすぐ春が来ようとしている。

春のあたたかさに包まれて  みんなのこころも あたたかくなれたらいいね。


がんばれ ヒロさん!  と こころのなかで いつも願う。
[PR]

by benichaya | 2009-02-27 17:05 | 日々