2013年 11月 17日 ( 1 )

柿の木

a0070831_947216.jpg


夫婦の中での精霊の森♪  ここにはたくさんのフェアリーがいるように思えるんですよ。

ここにそびえるは柿の木です。

いつからか人間の手を加えなくなった柿の木は、自然と枝葉を下に下に~とのばしてきました。

a0070831_9473253.jpg


たわわに実った柿の実が枝を重そうにしています。

わたしたちの目の前まで降りてきてくれた柿の実たちは
わたしたちに手を差し伸べているかのようでした。

「たくさんの実がついたよ! とってとって♪」 と言ってるかのようでした。

先週末から 夫がお天気を見計らって柿をもいでくれました。

すでに朽ちている実もあります。
どこからか 獣がやってきて食べているようです。
飼い犬のクウが ウルル~っと唸ります。

手に届く場所は人間が 朽ちている実は動物たちが そして高いところで太陽の日差しをいっぱい浴びた柿の実は、鳥さんたちの冬を迎える前の・・・または食料がない冬場の餌となります。

自然と生き物との自然な調和が 自然の中で生まれてくるんですね。

ストーンと何かが収まる感じです。


自然の中から生まれた自然な甘みの柿は 本当においしいですね。

何も手を加えなくても 毎年たくさんの実をつけてくれて みんなの栄養になってくれて。
ありがたいです。

そんな 自然の小さな森があるこの庭が好きです。


ほら こんな世界もあるんですよ。

a0070831_9555149.jpg


フェアリーたちがたくさんいそうですね。。。
[PR]

by benichaya | 2013-11-17 09:57 | 日々